水無月大祓式

半年間に身に付いた けがれを祓い除け、心身を蘇らせる行事

コクアも西宮神社で無病息災を祈り「唱え言葉」を唱えながら茅の輪をくぐる「茅輪くぐり」に行ってきました。

正面から最初に左回り、次に右回りと 8 字を描いて計3回くぐることで、半年間に溜まった病と穢れを落とし残りの半年を無事に過ごせることを願うというものです。
頂いた笹をわっかにして本部にも飾りました。

【大祓】
大祓(おおはらえ、おおはらい)は、日本の神道儀式の祓の1つ。祓は浄化の儀式として宮中や神社で日常的に行われるが、特に天下万民の罪穢を祓うという意味で大祓という。1年のうち、毎年6月と12月の晦日(新暦では6月30日と12月31日)に行われるものを恒例とするが、天皇即位の最初の新嘗祭である大嘗祭の前後や、未曾有の疫病の流行、斎宮斎院の卜定、災害の襲来などでも臨時に執り行うことがあった。中臣(なかとみ)の祓とも言われる。(Wikipediaより引用)

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
ウェブサイト