ハワイアンスタイルウェディング ~ 本物にこだわった挙式を大切な人と一緒に ~

チャペルはもちろん、海辺や貸し切り豪邸でしたい!コクアはあなたの願いを叶えるお手伝いをします。
その中でも、ハワイの文化とともに歩んできた地で、古来より伝わる伝統的なハワイアンスタイルのウェディングをご紹介します。

Hawaiian Style Wedding  ハワイアンスタイル挙式

ハワイでは「Ohana(家族)」とのつながりをとても大切にします。古来からハワイのウェディングは静かな森の中で、大自然の力「マナ」を取り入れ、新郎新婦とその家族の絆・つながりを強める特別で大切な儀式です。ハワイの文化が息づくモアナルアガーデンで、ハワイアンスピリッツの神髄を感じてください。

壮大な自然に包まれてハワイの風を感じ、スピリチュアルなパワーが二人を包み込みます。

モアナルアガーデンに、
いくつもそびえ立つ
「この木なんの木、気になる木」
でお馴染みのモンキーポッド。

ハワイの歴史と文化を見守り続けてきた貴重な木の真下で行うウェディングです。

モアナルアガーデンの歴史

~ カメハメハ5世が愛した地 ~

古くはハワイ王国を建国をしたカメハメハ王家の所有地でした。1884年に王家と親交のあったサミュエル・デーモンという人物にこの土地が譲られ、公園づくりが始まりました。サミュエルは他民族の融合と共存共栄を目指した王家の意思を受け継ぎ、モアナルアガーデンを広く一般の人々に開放し、誰からも愛されてる場所にしようと考えました。ガーデン内に世界中の文化を取り入れ、かつては日本の茶室なども作られました。今でもガーデン内には日本庭園風の大きな池やオリエンタルコテージと呼ばれる東洋風の建物、また岩面に刻まれた古代ハワイの絵文字「ペトログリフ」も残っています。

Kahu 司式者「カフ」

カフとは、Kahunaという単語の一部を表します。古来のハワイでのカフナは特別な存在で様々な役割がありました。自然や水源の管理や保護を行う「守護者・神官」であり、王家の子供達に儀式の作法や神話、航海術などを教え伝える教師でもありました。現在のカフは、ハワイの伝統継承者を意味し、古来より伝わる「ハワイアンスタイル」の挙式を執り行う唯一の人物です。ハワイの文化や歴史を熟知し、ハワイをこよなく愛するカフが執り行う挙式には愛が溢れています。

10年後、20年後、ふたりで愛を誓ったこの地に大切な人と何度でも訪れてほしい。。。
詳しくはこちら ➡ ハワイでブライダル

ハワイアンスタイル挙式は神父様ではなく、Kahu 司式者「カフ」がセレモニーをします。
そちらもまたブログでご紹介しますね♪

お問合わせフォーム または、 0798-27-7748 までお問い合わせください。

< 関連ブログ >

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。

名前 *
メール *
ウェブサイト